top of page
検索

【2023年最新】フラット35のメリット・デメリットと選び方のポイント


フラット35

住宅ローンを検討している方にとって、フラット35は気になる存在ではないでしょうか。フラット35は、国が提供する住宅ローンであり、金利が一定期間固定されるという特徴があります。

しかし、フラット35にはメリットだけでなく、デメリットも存在します。そのため、フラット35を検討する際には、メリットとデメリットをしっかりと理解しておくことが大切です。


フラット35のメリット

フラット35のメリットは、以下のとおりです。

  • 金利が一定期間固定される

  • 保証料が不要(一部の金融機関を除く)

  • 利用限度額が大きい

  • 団体信用生命保険の加入が必須ではない

金利が一定期間固定されるため、金利上昇リスクを抑えることができます。また、保証料が不要(一部の金融機関を除く)であるため、金利以外の費用を抑えることができます。さらに、利用限度額が大きいため、高額な住宅を購入したい方にもおすすめです。また、団体信用生命保険の加入が必須ではないため、任意で加入するかどうかを選択することができます。


フラット35のデメリット

フラット35のデメリットは、以下のとおりです。

  • 金利が上昇すると、金利負担が重くなる

  • 金利上昇リスクを抑えるためには、団体信用生命保険に加入する必要がある

  • 審査が厳しい

金利が一定期間固定されるため、金利上昇リスクを抑えることができますが、金利上昇した場合は、金利負担が重くなる可能性があります。また、金利上昇リスクを抑えるためには、団体信用生命保険に加入する必要があります。団体信用生命保険に加入すると、万が一の死亡や高度障害で住宅ローンの返済が困難になった場合に、保険金でローン残高が完済されます。そのため、金利上昇リスクを抑えるためにも、団体信用生命保険に加入することをおすすめします。

また、フラット35の審査は、民間の住宅ローンよりも厳しい傾向があります。そのため、住宅ローンの審査に通るか不安な方は、事前に金融機関に相談することをおすすめします。


フラット35の選び方

フラット35を選ぶ際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 金利上昇リスクを抑えるかどうか

  • 団体信用生命保険に加入するかどうか

  • 審査に通るか

金利上昇リスクを抑えるためには、団体信用生命保険に加入することをおすすめします。また、審査に通るか不安な方は、事前に金融機関に相談することをおすすめします。


フラット35は、国が提供する住宅ローンであり、金利が一定期間固定されるという特徴があります。メリットとデメリットをしっかりと理解した上で、フラット35を検討することをおすすめします。



閲覧数:13回0件のコメント

Comments


bottom of page