top of page
検索

社会保険労務士として成年後見業務に参入!~あなたの大切な人を、社会保険労務士が「見守り」ます~



成年後見

こんにちは!社会保険労務士の西川です。

この度、私は一般社団法人社労士成年後見センター 愛知が実施する成年後見人養成研修を修了し、社会保険労務士として成年後見業務を取り扱うことができるようになりました!


社会保険労務士が成年後見業務を行うメリット

従来、成年後見業務といえば弁護士や司法書士といった専門職が担っていましたが、近年では社会保険労務士も参入できるようになりました。社会保険労務士は、年金・医療・介護といった社会保障制度に精通しており、高齢者や障害者の方の生活を支える専門家です。


社会保険労務士が成年後見人として行える業務

  • 財産管理:預貯金の管理、不動産の売却など

  • 身上監護:生活支援、医療・介護サービスの利用支援など

  • 法律行為の代理:契約締結、遺産分割協議など


社会保険労務士の強み

  • 社会保障制度に精通

  • 高齢者や障害者の生活に精通

  • 親しみやすく、相談しやすい

  • 全国にネットワーク


成年後見制度とは?

成年後見制度は、判断能力が不十分な方(被後見人)を支援するために設けられた制度です。成年後見人には、被後見人の意思を尊重し、その権利を守りながら、生活支援や財産管理を行う役割があります。


こんな方に成年後見制度が利用できます

  • 高齢者で認知症になった方

  • 障害者の方

  • 脳卒中などで判断能力が低下した方


成年後見制度の利用方法

成年後見制度を利用するには、家庭裁判所に申立てが必要です。申立ては、本人、親族、成年後見支援センターなどが行うことができます。


成年後見制度は、複雑な制度であり、手続きも煩雑です。当事務所では、成年後見制度に関する相談を無料で受け付けています。成年後見制度の利用を検討されている方は、お気軽にご相談ください。



閲覧数:7回0件のコメント

Commentaires


bottom of page