top of page
検索

住宅ローンの金利上昇、借り入れ計画にどう影響するか?


固定金利上昇

こんにちは、FP・住宅ローンアドバイザーの西川です。

最近、住宅ローンの金利が上昇していることをご存知でしょうか。

2023年7月時点の固定金利は、10年固定で1.50%程度と、2022年末と比べて0.30%程度上昇しています。

金利上昇は、住宅ローンの借り入れ計画に大きな影響を与えます。そこで今回は、金利上昇が住宅ローン借り入れにどのような影響を及ぼすのか、解説していきます。


金利上昇が住宅ローン借り入れに与える影響

金利上昇が住宅ローン借り入れに与える主な影響は、以下の2つです。

  • 毎月の返済額が増える

  • 総返済額が増える

金利上昇により、住宅ローンの金利も上昇します。そのため、毎月の返済額も上昇することになります。

また、金利上昇により、住宅ローンの借入期間も長くなる可能性があります。借入期間が長くなれば、総返済額も増えることになります。


金利上昇を踏まえた借り入れ計画

金利上昇を踏まえた借り入れ計画を立てる際には、以下の点に注意が必要です。

  • 毎月の返済額を増やせるか

  • 借入期間を短くできるか

毎月の返済額を増やすことで、総返済額を抑えることができます。また、借入期間を短くすることでも、総返済額を抑えることができます。

具体的には、以下の方法を検討することができます。

  • ボーナス返済を利用する

  • 繰り上げ返済を利用する

  • 借入額を減らす

ボーナス返済や繰り上げ返済を利用することで、毎月の返済額を増やすことができます。また、借入額を減らすことでも、総返済額を抑えることができます。


住宅ローンの金利は、今後も上昇していく可能性があります。そのため、金利上昇を踏まえた借り入れ計画を立てることが重要です。

毎月の返済額や総返済額をシミュレーションし、無理のない借り入れ計画を立てましょう。

また、住宅ローンアドバイザーに相談することもおすすめです。住宅ローンアドバイザーは、あなたの状況や希望に合わせて、最適な借り入れプランを提案することができます。

住宅ローンの借り入れを検討している方は、ぜひ一度FPや住宅ローンアドバイザーに相談してみてください。


LINE公式アカウント



閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page